展示紹介

8月 一般展示『ホラー怖いでしょ…』

暑い夏を乗り切るために、ゾッとするお話を集めました。




「震える教室」 近藤 史恵/著   KADOKAWA  
嬢様学校の真矢と花音はある日、「幽霊が出る」という噂のあるピアノ練習室で、宙に浮かぶ血まみれの手を見てしまい…。学園にまつわる
謎と怪異を解き明かす、全6編の青春ミステリ・ホラー。
「1303号室」  大石 圭/著  河出書房新社    
その時-臭いがした。肉のような何かが腐って溶けて、どろどろになって崩れていく時のような…不気味で、忌まわしい臭い。あの部屋にい
ると、みんなみんな、死ぬんです。
「私たちが震えた少女ホラー漫画」  オフィスJ.B/編   辰巳出版
「悪魔の花嫁」「百鬼夜行抄」「海の闇、月の影」…。数多くの名作が生まれた80年代を軸に、少女ホラー漫画の世界を振り返る。単行本未
収録のトラウマホラー3作も完全再録。
 
 

8月 児童展示『うみはひろいなおおきいな』

うみ、うみ、うみーーーー!



『うきわねこ』   蜂飼 耳/ぶん   ブロンズ新社 
おたんじょうびのおいわいに、おじいちゃんからとどいたとくべつなうきわ。まんげつのよる、うきわにくうきをいれると、うきわはえびおをのせて、ゆっくりとそらをとびはじめました。すると、おなじようにうきわにつかまって、そらにうかんでいるおじいちゃんがまっていて…。うきわにのってそらをとぶ、えびおのふしぎなぼうけんをえがきます。。
『うみにいったライオン』   垂石 眞子/さく   偕成社
ぼくはだいすきなライオンとだいすきなうみにでかけた。ライオンはぼくにおよぎをおしえてくれるって!でも、かいがらをひろったり、すなでおしろをつくったりして、ライオンはなかなかおよがないんだ。ぼくははらがたってきて…。
『ノラネコぐんだんと海の果ての怪物』  工藤 ノリコ/著   白泉社
海辺(うみべ)で魚(さかな)をとって暮(く)らしてたノラネコぐんだんが、魔法(まほう)の貝(かい)がらをひろいました。それに海(うみ)の水(みず)を入(い)れて飲(の)めば、海の中(なか)を歩(ある)きまわれるのです。その日(ひ)からノラネコぐんだんが、海の中に入(はい)り、とりたいほうだいに魚をとっていると…。
 

 

 

 

 

配架図(展示コーナー)