世界の古典もほんの少し・・・
ぜひ、ひもといてみてください。

展示コーナー


                    



 
2018年11月一般展示




    『悩めるあなたの処方箋』  





            
            



            
   





      をクリックすると、展示中の資料一覧をごらんいただくことができます





       
こんな本はいかがですか?
 




      悩めるあなたの処方箋          
 
    

    悩みは尽きないもの。

    痩せたい、健康になりたい、気持ちが楽になりたい・・・。

    
人には話せない悩みなどなど・・。

    本から答えを探してみませんか。

    少し奇抜な悩みは小説というフィクションで解決した気持ちを味わってみてください。


    
 


   「あなたの目に映る半径5メートルから悩みも迷いもすべて消し去る方法 

      岡本 マサヨシ/著   パブラボ   

     
 終わらない悩み、繰り返す問題を解決するカギは、半径5メートルにあります-。自分を中心とした半径5メートルを見渡して、そこに何が投影      
      されているのかを見つめ、悩みや迷いを根本から解消する方法を紹介します。

     
      
       

  「なぜ日本人は、こんなに働いているのにお金持ちになれないのか?」

    渡邉 賢太郎/著   いろは出版    


      
資本主義を生んだ国イギリス、世界最貧国バングラデシュ、GDPで日本を超えた中国…。「お金とは何か?」をテーマに世界一周の旅に出た     
      著者が、各国で学んだリアルなお金の仕組みと扱い方を伝える。

     
      



  「なんでも仙人流《悩みゼロの教え》 」

     
みやがわ みちこ/著   ヒカルランド

     
 「笑い」こそ最強の開運パワー! 人は笑っている時、宇宙(ゼロの世界)とつながっている-。「なんでも仙人」が、現実が思うように好転する“

      とっておきの真実の教え”を、ユーモアたっぷりの口調で伝える音楽はあらゆる芸術をつかさどる。




     この他にも、様々な本を展示していますのでぜひご利用ください。



 
                          

     


      秋いろいろ・・・   何色?

             上の展示テーマをクリックすると、展示中の資料一覧をごらんいただくことができます。     

あきのやまはあか、きいろ、ちゃいろ、みどり・・・
いろがいっぱいですね。
こんげつはいろにかんするほんをあつめてみました。
カラフルないろでいっぱいのあきっぽいえほんもたくさん
あつめました。
ぜひてにとってみてください。






           
 
                                                                                                                                                     

         展示している本の一部を紹介します!                             

       どんぐり   E/キ
            エドワード・ギブス/作  光村教育図書香山 

       
       ちっちゃなきいろいどんぐりが、ひとつじめんにおちてころがった。どうぶつたちがやってきて「うーんおいしそう」。
       でも「おねがい、いまはたべないで。いまにもっとおいしくなるから」とどんぐりがいうので、みんなはほかの
       たべものをさがしにいった。すると、どんぐりがめをだして…       

       

           ネルとマリのたからもの E/カ
         亀岡 亜希子/[作]    PHP研究所

             

       ヤマネのネルは、きれいなものをたくさんもっているマリがうらやましくて、きれいなはねをあつめはじめました。
       ですが、はねをあつめるのにむちゅうになって、とうみんのじきになってもやせっぽっちのまま。あわててたくさん
       たべて、とうみんにそなえました。とうみんしていたあるひ、あまりのさむさにめざめたネルがマリのところへいくと…。
       

          
 べんり屋、寺岡の秋。 913/ナ
            中山 聖子/作    文研出版 
             
             

       べんり屋寺岡(てらおか)に、洋菓子(ようがし)店を一人で営(いとな)む里砂(りさ)さんが仕事を依頼(いらい)してきた。
       お店を休めない自分のかわりに、娘(むすめ)の保育園(ほいくえん)の運動会に家族として参加してほしいという。
       でも運動会の日、べんり屋寺岡のおばあちゃんがつれてきたのは…。

       
     
 十一月のマーブル 913/ト
         戸森 しるこ/著   講談社 

             
  
          


     小学6年生の波楽(はら)は、私立の小学校に通う左利きの男の子。お母さんとは血がつながっていない。
       けれど、血がつながっているはずのお父さんとも、あまり似ていない。疑惑(ぎわく)をかかえていた波楽は、    
       たまたま本当のお母さんの恋人(こいびと)に出会い、その謎(なぞ)をときあかそうとするが…。          






          この他にもたくさんの本を展示しています。是非ごらんください!!
 


 

 
 
★★時事コーナー★★
     

  古典に親しむ
             
※↑上の文字をクリックすると本のリストがみれます。

      11月1日は古典の日です。

       今月は古典をテーマに、読みやすい超訳本や小説などを集めてみました。
       
秋の夜長、長い間人々を惹きつけ読み継がれてきた古典の世界に親しんでみませんか?


   
                
  


     
        
   

            

                    

 
9・10月の作家展示(書庫から登場)

 
林 真理子 特集
            
             本の一覧はこちらをご覧下さい


「彼女の功績は1980年代以降において「ねたみ・そねみ・
嫉妬を開放したこと」とも評される林真理子の作品を展示
しています。 さまざまな時代・立場の女性を扱った
多彩な林ワールドをお楽しみください。