展示コーナー

              
                    



 
2020年4月児童展示




    『としょかんへいこう!』  





                     
               
              




      をクリックすると、展示中の資料一覧をごらんいただくことができます





       
こんな本はいかがですか?
 




      としょかんへいこう!          
 
    

    

    
はるがきた!

    にわにあたらしいはながさいていたり、

    むしさんがかつどうをはじめたりしています。
   
    みつけたむしさんたちのなまえをしらべに
  
    としょかんにいってみよう!

   

    

    
    
    

    
     


   「うみのとしょかん 」 

       葦原 かも/作        講談社           
 

     
 ここは、うみのとしょかん。おだやかなうみのそこで、みんなすきな本を、すきなところでよんでいます。

      なかでもとくに本ずきなのは、こわいかおをしたアオザメ。

      よみおわると、としょかんのせわをしているヒラメに「また、おもしろいのをたのむよ」と、
    
      こえをかけます。するとヒラメは…。

      
      

             
           
      
       

  「えほんからとびだしたオオカミ」

    
   ティエリー・ロブレヒト/作     岩崎書店            

      ゾーイのほんだなには、いつもほんがいっぱい。あるひ、えほんがいっさつゆかのうえにおっこちた。

      なかからころがりおちてきたオオカミは、ゾーイのへやにすむふとっちょネコがこわくてたまらない。

      とにかくいそいでにげなくっちゃ!かくれるほんをさがしてほんだなをよじのぼったオオカミが、

      めについたほんのなかへしのびこんでみると…。

         


  
「としょかんへいこう」

        
斉藤 洋/作      講談社  

     
  としょかんって、どんなところだろう?なにができるの?ほんをよんだり、さがしたり、

      きにいったほんをかりたり、おはなしをきいたり…。としょかんのつかいかたを、

      めいろやまちがいさがし、さがしえ、マナークイズなどで、あそびながらたのしくしょうかいします。

    
      
        この他にも、様々な本を展示していますのでぜひご利用ください。



                          

     

         図書館へ行こう

   

             上の展示テーマをクリックすると、展示中の資料一覧をごらんいただくことができます     

新しいことに取り組む季節。調べもの等、図書館を利用してみませんか。
                                      
                                 
                                                                                                                                       

         展示している本の一部を紹介します!                             

       夢見る帝国図書館    
         中島 京子/著   
文藝春秋          

       友人から依頼された「日本で最初の国立図書館の小説」を綴りながら、涙もろい大学教授や飄々たる元藝大生らと共に
      
思い出をたどり、友人の人生と幻の絵本の謎を追い…。本を愛した人々の物語。

          
アウシュヴィッツの図書係    
         
アントニオ・G.イトゥルベ/著   集英社
             
       アウシュヴィッツ強制収容所に、囚人たちによってひっそりと作られた秘密の図書館。本の所持が禁じられているなか、
       図書係をつとめる14歳の少女ディタは、命がけで本を隠し持ち…。実話に基づく物語。

           
世界の夢の図書館   
                     
エクスナレッジ 

      
 贅の限りを尽くした豪華絢爛な本の大聖堂、ゲーテが生涯を通じて指導したドイツ文学の図書館、魯迅が礎を築いた
       世界規模の国立図書館…。圧倒的な美しさを誇る世界の名図書館31館を、写真・地図と共に紹介する。


             


          
この他にもたくさんの本を展示しています。是非ごらんください!!
 


 

 
 
★★時事コーナー4月★★   
 
障害について考えよう
           
※↑上の文字をクリックすると本のリストがみれます。

       「鈴と、小鳥と、それから私、みんなちがって、みんないい」
     金子みすずさんの詩があります。「みんないい」と「認め合う」ことは、とても
     大切なことですが、難しいことですね。「あなたと私、みんな大切」という
     キーワードで「障害」についてあらためて考えてみませんか?
           
      
          ★ 『奇跡の人
                  原田 マハ/著  双葉社


               時は明治、青森県弘前、「盲目で、耳が聞こえず、口も利けない」少女のため
              アメリカ帰りの旧幕臣の娘・安が教育係として招かれた。ふたりは苦難の道を
              ゆく・・・。『小説推理』掲載を単行本化。

           ★ 『見えない私の生活術』
                  新納 季温子/著  クリエイツかもがわ
               
         
     視覚障害のある人が何を感じ、どう生活しているか、視覚障害のある著者が綴った
              「見えない世界」をちょっと身近にする暮らしのエピソードと、「外出のしかた」「読書
               環境の変化」等に関する夫からの質問に答える対話を収録。

            『無限の宇宙 ホーキング博士とわたしの旅』
                  ジェーン・ホーキング/著 堀川 志野舞/訳  静山社
               
         
     スティーヴン・ホーキングとの運命的な出会いと恋、ALSの発症を知りながらの結婚、
              しだいに自由を奪われていく彼の身体・・・。車椅子の天才をささえた女性による愛と
               真実の記録。映画「博士と彼女のセオリー」の原作。


            ★ 『自閉症のうた』
                     東田 直樹/著   KADOKAWA
               
         
     「自閉症の僕が飛び跳ねる理由」の著者が、その英語版通訳者デイヴィッド・ミッチェル氏
              を訪ねるアイルランド旅行記をはじめ、二人の対話(Q&A往復書簡)、短編「自閉症のうた」
               掌編「旅」を収録。


                  
                            
                                                                                      

               
3・4月の作家展示

警察小説

書庫に収めてある警察小説を展示します
            本の一覧はこちらをご覧下さい

  
                  

          ★ 『制服捜査』
               佐々木 譲/著   新潮社


                  
                警察官人生25年。不祥事をめぐる玉突き人事のあおりで、強行犯係の捜査員から
               一転、単身赴任の駐在勤務となった巡査部長の川久保。駐在警官の刑事魂が嗅ぎ
               つけた、健全な町の「過去の腐臭」とは・・・。これが本物の警察小説だ!


           『百舌の叫ぶ夜
                  逢坂 剛/著   集英社

               能登半島で発見された記憶喪失の男は新谷和彦と確認された。新宿では過激派
               集団による爆弾事件が発生、倉木尚武警部の妻が巻きぞえとなり死亡。豊明興業の
               テロリストと思われる新谷を尾行していた明星美希部長刑事は・・・。
               


          ★ 『新宿鮫』シリーズ
               大沢 在昌/著   光文社
              
 
                孤高の刑事・鮫島、鮮烈に登場。
               衝撃の第一作『新宿鮫』から、慟哭の第十作『絆回廊』(新宿鮫 10)まで登場!
               

               
                  
              
  
           
この他にもたくさんの本を展示しています。是非ごらんください!!