展示コーナー


            



 
2018年7月一般展示




    『青い海は美しい』  





         
   





      をクリックすると、展示中の資料一覧をごらんいただくことができます





       
こんな本はいかがですか?
 




      青い海は美しい
 
    

     待ちに待った夏の到来です!

    夏といえば海! ということで今回は海に関する本を集めてみました。

    ただ、海だけでは物足りないので水に関する本など幅広く集めています。

    文字で感じる「夏」はいかがですか。


    
 


   「海駅図鑑 海の見える無人駅」 

     清水 浩史/著     河出書房新社

     
 駅のホームから海が見える、レトロな雰囲気がある、駅員がいない-。

     日本全国から情緒あふれる30の「海駅」を厳選し、写真とともに紹介。

     小さな駅の物語から、土地のこと人のこと、環境問題まで、今の日本が見えてくる。

     
     

      
       

  「海のミュージアム 地球最大の生態系を探る」

     ルイス・ブラックウェル/著    創元社


      

     地球と海の始まり、生命の誕生、豊かな生物多様性と種間の相互関係、人類の資源としての海…。

    海にまつわる科学エッセイに、世界の第一線で活躍する海洋写真家による

    ベストショット105点が彩りをそえるビジュアルブック。
 

     



  「ブルーネス」

     
伊与原 新/著     文藝春秋

     
 3・11後に地震研を辞めた準平は、津波予知のプロジェクトに誘われる-。

     自らの使命を見つめ直す科学者たちの、新たな挑戦を描く。


    
 


     この他にも、様々な本を展示していますのでぜひご利用ください。



 
                      
   

     


      夏休みに定番の本を読む?

        

             上の展示テーマをクリックすると、展示中の資料一覧をごらんいただくことができます。     

むかしからよみつがれている名作といわれる中心に集めてみました。
知っているようで知らなかったり、そんな本はありませんか?
絵本だけではなく、長い物語も集めてみました。
長い夏休みに、少し長めの本にちょうせんしてみよう!


       
        

   
           




         
                                                                                                                                                   

         展示している本の一部を紹介します!                             

       モモ 943/エ
            ミヒャエル・エンデ/著 大島 かおり/訳  福音館書店

       
       町はずれの円形劇場あとにまよいこんだ不思議な少女モモ。町の人たちはモモに話をきいてもらうと、幸福な気もち       になるのでした。そこへ「時間どろぼう」の男たちの魔の手が忍び寄り…。

       

           ねずみさんのながいパン   AE/タタ 
            多田 ヒロシ/作      こぐま社


       ねずみさんが長いパンを持って、とっとこ、とっとこ走っていきます。どこへ行くの? ぞうさんの家?
       きりんさんの家? いろんな動物家族が楽しそうにごはんを食べています。
       ねずみさんも、長いパンとチーズでごちそうです。
       


          
 かもさんおとおり 
           ロバート・マックロスキー/ぶん・え 東京:福音館書店
             

       森の中にはきつねがいるし、水の中にはかめがいる…。
       かもさんふうふが、子どもを育てる場所を探していました。
       やがて、見つけたみずべのしげみで、こがもたちがうまれました…。

       
     
  三びきのやぎのがらがらどん  ME/フラ  
        
マーシャ・ブラウン/絵,せた ていじ/訳  福音館書店

     山の草をたべて太ろうとする3匹のヤギのがらがらどんと、谷川でまちうけるトロル(おに)の対決の物語。
     ブラウンの絵には北欧の自然が見事に再現されています。     






          この他にもたくさんの本を展示しています。是非ごらんください!!
 


 




 

 
 
        ★★時事コーナー★★     

  なんだろう!!答えはきっと図書館に

             ※↑上の文字をクリックすると本のリストがみれます。


      夏休み応援展示
    
今日も、こっそり 虫観察    


         必ず みつかる 星座の本          
 さかなだってねむるんです         
                                
                   
                     などなど たくさんしょうかいしてます
   


                   


  





6・7月の作家展示(書庫から登場)

 
宮本 輝 特集
            
             本の一覧はこちらをご覧下さい



宮本 輝の代表作ともいえる「蛍川」を読み直してみました。
二十歳代の脳裏にあった「蛍」の景色と、生きることの難しさを知った今、見えてきた「蛍」の景色は全く違っていました。 
6月窓辺で雨音を聞きながら、
7月蝉時雨の中で、
今一度「宮本 輝」の世界をお楽しみください。