書評に載った図書       

                        書評に載った本はこちらからも予約いただけます。

新 聞 名   書  名 ・ 著 者 名 な ど 
朝 日 新 聞 
 
『しき』 
    町屋 良平/著    河出書房新社

 『恐い間取り 事故物件怪談』
    松原 タニシ/著   二見書房

 『国宝(上)青春篇 ・ (下)花道篇』 

    吉田 修一/著   朝日新聞出版

 『わたしたちが火の中で失くしたもの』
    マリアーナ・エンリケス/著   河出書房新社

 『歴史学者と読む高校世界史 
        教科書記述の舞台裏』

    長谷川 修一/編著   勁草書房

 『炭鉱と「日本の奇跡」 石炭の多面性を掘り直す』
    中澤 秀雄/編著   青弓社


中 国 新 聞  『ヒロシマをのこす 
    平和記念資料館をつくった人・長岡省吾』

    佐藤 真澄/著   汐文社

 『死を生きた人びと 訪問診療医と355人の患者』  
    小堀 鷗一郎/[著]   みすず書房


 『地球星人』
    村田 沙耶香/著  新潮社

 『彼女は頭が悪いから』
    姫野 カオルコ/著  文藝春秋

 『生き残り』
    古処 誠二/著  KADOKAWA

 『襲来(上・下)』
    帚木 蓬生/著  講談社

 『蝶のゆくへ』
    葉室 麟/著  集英社

 『凍てつく太陽』
    葉真中 顕/著  幻冬舎

 『牧水の恋』
    俵 万智/著  文藝春秋

 『ナナメの夕暮れ』
    若林 正恭/著  文藝春秋

 『悪玉伝』
    朝井 まかて/著  KADOKAWA

 『地震学をつくった男・大森房吉 
      幻の地震予知と関東大震災の真実』

    上山 明博/著  KADOKAWA

 『かんがえる子ども』
    安野 光雅/著  福音館書店

 『人殺しの息子と呼ばれて』
    張江 泰之/著  KADOKAWA

 『マトリョーシカ・ブラッド』
    呉 勝浩/著  徳間書店
 
読 売 新 聞   『今夜はひとりぼっちかい?』
    高橋 源一郎/著  講談社

 『戦時の音楽』
  レベッカ・マカーイ/著  新潮社

 『いじめで死なせない 
     子どもの命を救う大人の気づきと言葉』

    岸田 雪子/著   新潮社

 『60歳からも犬や猫と幸せにくらす本』
    犬と猫とシニアのくらしを考える会/著   KADOKAWA

  『住まいで「老活」』
    安楽 玲子/著   岩波書店

毎 日 新 聞    『変わったタイプ』
    トム・ハンクス/著   新潮社

  『最初の悪い男』
    ミランダ・ジュライ/著   新潮社

 
日 経 新 聞    『リンカーンとさまよえる霊魂たち』
   ジョージ・ソーンダーズ/著    河出書房新社
 
産 経 新 聞    『ひるけ』 
   阿部 了/著    木楽舎   

  『インジョーカー』
    深町 秋生/著    幻冬舎

  『美貌のひと 歴史に名を刻んだ顔』
   中野 京子/著   PHP研究所   



Copyright© Ootake Municipal Library


ページの上へトップページへ